2020年2月18日 8:57 PM

【映画】ジョーカー

img_5e4bc4c26f26d

映画「ジョーカー」を観ました。
先ず僕はバットマンの事をあまり知らないです。

最初は、とんでもない猟奇殺人者の過去の話なんだと思っていた。
でも、描かれているのは、もっと身近に居そうな人の話だった。

カッコいいとか、強いとか、レクター博士のようなインテリ、そういう悪役を期待するなら観ない方が良いかもしれません。
言葉を選ばずに言うと、社会の底辺に居る、ヘイトを抱えている人たちが主人公の映画でした。
静かな文芸作品でした。

————————–

最近たまたま、障碍を持った人と、障碍者について話すことがあった。
社会から、疎まれたり、居場所が無かったり、普通に生きる事が許されない、そういう人が自分の周りには多い。
この映画の主人公も、そんな障碍者だった。
どうすれば彼らは、普通に生きれるんだろうとよく思う。

————————–

この映画に共感する人が多い事に少し驚いた。
最近、世界はどんどん潔癖になって行き、こういう人たちに対する風当たりが強くなっているように感じていたから。

————————–





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


コメントフィード

トラックバックURL: https://www.mmlab.info/wp/wp-trackback.php?p=3144